メニュー
 工場案内
 関連会社
会社案内
環境方針
全ての人々が、健康で心穏やかな生活を営むために松浦開発興業株式会社は、地域社会との融和を図り、環境影響に対して十分に配慮した事業活動を行い、地球環境の保全と汚染の防止、環境保護に貢献します。
行動指針
1. 弊社の業務に関わる環境側面を常に認識し環境影響を少なくするために環境マネジメントシステムの継続的改善と環境汚染の予防、環境保護を図る。
2. 環境保全、環境保護に関する法律と弊社が同意するその他の要求事項を遵守する。
3. 全社員に環境教育、広報活動を実施し、弊社の基本理念に基づいた環境方針の周知徹底の向上に努める。
4. 電気、ガス、化学燃料の有効利用に取り組み、CO2の削減を推進する。
5. 環境方針は、一般の人に対し公開する。
沿革
 昭和45年 1月  松浦開発興業株式会社設立
 昭和55年 3月  板野町大坂にて砕石用山林取得
 砕石部門開始 月産能力30,000屯
 昭和57年 4月  大坂砕石プラント増設、月産能力50,000屯になる
 昭和61年 4月  大坂砕石プラント増設、月産能力100,000屯になる
 昭和62年 5月  関連会社 大東興業株式会社設立
(アスファルト合材製造販売・建設業)
 平成 4年10月  藍住町に営業所設置
 平成 6年12月  鳴門市撫養町木津に鳴門砕石場設置 月産能力50,000屯
 平成 7年 4月  兵庫県神戸市に営業所を設置
 平成 8年 2月  産業廃棄物収集運搬業許可取得
 (ガラスくず・金属くず・コンクリートくず及び陶磁器くず,がれき類)
 平成 8年 2月  産業廃棄物処分業許可取得
 (ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず,がれき類)
 平成 8年 6月  鳴門砕石場に建設廃材再生プラント設置
 コンクリートガラの再生開始
 平成14年 4月  菊水物産が関連会社になる
 平成20年 9月  産業廃棄物処分業許可に燃え殻,汚泥,ばいじんを追加
 平成20年 9月  産業廃棄物収集運搬業許可に燃え殻,ばいじんを追加
 平成20年10月  鳴門砕石場に再生砕石製造プラント設置
 平成20年10月  特定事業許可取得
 平成21年 4月  鳴門マテリアルが関連会社になる
 平成21年 8月  ISO14001認証取得
 平成22年 6月  建設残土受入開始
Powered by EEL © 2007-2017 松浦開発興業(株)